スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
蝶々さん長崎通信
20070627_358545.jpg
長崎の戸井勝海からのラスト?通信です。



先程諫早で、無事に大楽の幕を降ろすことができました。
応援して下さった皆さん、本当にありがとうございました。

終演後、匠馬も神田も少し目が潤んでいるようでした。

発散せず、ひたすら心の中に溜め込んでいく役は、僕にとっていい経験になりました。

さあ!
諫早から長崎まで一路バスをとばし、これから打上げです。
きっと若手たちは凄まじいテンションになることでしょう。
僕はそれに備えて、しばしの休息を取る事にしようo(^-^)o

ちなみに写真は、終演直後の断髭式の様子です。

戸井勝海
カテゴリ:モブログ | 22:36 | comments(7) | trackbacks(0)
蝶々さん長崎通信
20070627_358349.jpg
戸井勝海通信その3



諫早に向かうのに特急『かもめ』に乗りました。
以前『ウエストサイドワルツ』の時も『かもめ』に乗ったのですが、その時は木でできた座席に感動しましたが、なんと今日は革貼り!
すご〜い!と言いつつも、長崎と諫早はあっという間。
17分間の喜びでした(^_^)v

戸井勝海
カテゴリ:モブログ | 15:11 | comments(3) | trackbacks(0)
蝶々さん長崎通信
20070627_358348.jpg
戸井勝海からの長崎通信その2



今日はいよいよ大楽です。
諫早に行く前に、蝶々さんゆかりの丸山を歩いてみました。

写真は県の史蹟にもなっている『花月』

こういう所に沢山の蝶々さんがいたんですね。

丸山を歩いていると突然『昨日お芝居にでていた方ですよね?』と声をかけられました。
話をしてみると、原作の市川先生が長崎の新聞で『蝶々さん』という連載小説を書かれているのですが、それの挿絵を描いていらっしゃる方でした。

作品のおかげで色んな人との出会いが生まれるのも、この仕事ならではの幸せですね。

戸井勝海
カテゴリ:モブログ | 15:09 | comments(1) | trackbacks(0)
蝶々さん長崎通信
20070627_358339.jpg
長崎公演中の戸井勝海から、長崎通信が入りましたのでお伝えします。



あつぅっ[炎]
空港に降立った途端、思わずみんなが口にした言葉です。

会場の長崎市公会堂は1階席だけでもシアター1010よりも大きいのですが、2階席までほぼ満席に近いお客様に迎えて頂き、大盛況のうちに長崎公演を終えることができました。
恐らく出演者よりも蝶々さんの背景をよく分かってるであろう長崎のお客様に、どう受け入れてもらえるのかがとても気になっていたのですが、とても暖い拍手に、ホッとしました。

夜は総勢19人という大勢で、曲中にも出てくる稲佐山に登り、眼鏡橋を見に行き、そのあとは全員で深夜のチャンポンと、ちょっとだけ観光も楽しむ事ができました。

写真は、ライトアップされている眼鏡橋です。

戸井勝海
カテゴリ:モブログ | 14:00 | comments(1) | trackbacks(0)
蝶々さん通信
20070624_357077.jpg

本日、東京公演の千秋楽の幕を無事におろすことが出来ました。

ご観劇頂いた皆様、応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。
この後、長崎公演で本当の千秋楽を迎えます。

長崎での「蝶々さん」は、また格別なものになるのでしょうね。

長崎レポートは、来るのかな?
くろねこも一緒に楽しみに待ちたいと思います。


また、今日もバタバタとして、皆様には大変失礼を致しました。ごめんなさい。
これに懲りず、今後も戸井・山本・神田をよろしくお願いします。
カテゴリ:モブログ | 20:02 | comments(2) | trackbacks(0)
蝶々さん通信
20070623_356678.jpg
お待たせしました。
ラストは、アービン宣教師の戸井勝海です。


昨日、山本のブログでオチャメな(笑)写真を公開していましたが、今日はいたって真面目に写っております。
手にしているのは、7月14日の、樹里咲穂さんとの、トーク&ライブショーのチラシですねぇ。

はい、宣伝です。

まだ、お席のご用意ができますので、お誘いあわせのうえ、ぜひぜひお越しください。お申込みはオフィスクロキまで!
いったいどんな話が飛び出すか、お楽しみに!


さて、アービン宣教師は劇中でも、夫人や蝶々さん木原君を見守っていますが、今回、戸井も若手の山本と神田を父の様に……失礼、兄の様に、あたたかく見守っています。
とっても優しいですよ。

そんな戸井の行き着けの場所は、喫煙室。
シアター1010の楽屋の喫煙室の眺めは、本当に素晴らしいのです。お見せ出来なくて残念です。

あとはケータリングの前で、食べ物のチェックでしょうか?
あ、イメージを壊しましたか?
え〜と、宣教師らしく優雅に歩いて、優雅につまんでます。(フォローになってない?)

「蝶々さん」も東京公演はあと一回。

髭をみれるのも、あとわずか。
皆様のお越しをお待ちしております。
カテゴリ:モブログ | 22:04 | comments(1) | trackbacks(0)
蝶々さん通信
20070622_356236.jpg
今日は山本匠馬です。

山本の役名は 書生・木原君。
木原君のフルネームはご存知でしょうか?

木原壮太(そうた)と言います。

舞台上では一度も呼ばれていません(お父さんの名前は言ってるのにね)

そんな木原君ですが、鎮西学館に通いながら、アービン宣教師宅に住み込んで、異文化の勉強をしているみたいです。


さて、山本ですが、色々皆様にご心配をおかけして申し訳ありません。
日々元気に忙しく過ごしております。

今後の事は、皆様には出来る限り、お知らせしますので、ご安心ください。

あ!山本のブログの方もご覧くださいね。

では、今後ともよろしくお願い致します。
カテゴリ:モブログ | 23:03 | comments(1) | trackbacks(0)
<< | 2/13PAGES | >>